do-log

子どもがいるから、自由に生きる。

子どもに全てを賭けない

 私には息子が一人います。そりゃ、可愛いです。まさに目に入れても痛くない。というほど。ですが、それでも子どもについては所詮他人と思っています。というよりも、思うようにしています。

 子どもにしっかりした教育を受けさせたいという思いはもちろんあります。平均がわからないのでなんともいえませんが、周りをみていると、教育にはそこそこ時間、費用をかけている方でしょう。それでも、やはり子どもは他人です。

 なぜここまで他人であると強調するのか。これだけ強く意識しないと、子どもに対して入れ込んでしまうと思っているからです。入れ込むということは、何かしらを期待するということです。これは子どもに限らずです。

 しかし、その期待に子どもが応えてくれるとは限りません。むしろ、子どもが「親の期待に応えなければ。」と思わせてはいけないです。子どもの考えを誘導することになるからです。

 自分が子どもに、あれもしてやりたい、これもしてやりたい!と思ったら、要注意。本当にそれは子ども自身が望んでいることなのか?子どものためになることなのか?よく考えたいと思います。